記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
脳の使い方・鍛え方集中力勉強法難読漢字テストゴロ合わせ記憶法記憶術の効果と目的
記憶術の種類と方法記憶術の歴史記憶術入門・基礎講座イメージ結合法の技術イメージ変換法の技術基礎結合法の応用技術

HOME記憶術の効と目的 > 中高年の認知症対策+頭脳の若返りに

中高年の認知症対策+頭脳の若返りに

若い頃の記憶能力を取り戻す。趣味の脳トレ=記憶術

人の名前がなかなか覚えられなくなった
新しいカタカナ語は覚えてもすぐ忘れてしまう
会話中に「あれ」とか「それ」が多くなってきた
 ……
そんなあなたに、記憶術の素晴しい可能性と面白さをお教えします。
 人生経験の豊かな中高年は、若い頃に身につけた知識や技術を豊富に持っています。経験とは「慣れる」ということ、つまり脳の省エネです。省エネは、脳がさらに高い段階へと進む可能性を生み出しています。

 
 しかし、経験則のみに従って生きていると、加齢とともに次第に衰えいく記憶力をカバーできません。すると、新しい知恵を生み出すこともだんだんできなくなっていきます。

 「まだまだ、若いヤツには負けないぞ」とか言っているうちに、いつの間にか……。いや、そんなことは考えたくありませんね。

 そうした状況に対処する有力な実用の武器、それが記憶術です。記憶術なら脳のアンチ・エイジングを起すことが可能です。若き日のみずみずしい記憶力以上の効果を発揮することができるでしょう。

「50代で資格取得」も無理じゃない!

 先行きの不透明な現代を生き抜くため、資格を取っておきたいと考えている方は少なくありません。でも、俗にいうアラフォーを超えると、仕事も忙しい上に記憶力や気力の衰えもあって、資格取得のための勉強が挫折してしまう方も少なくありません。

 でも、記憶術を修得すれば40歳どころか、50代でも面白いほどスイスイと暗記項目を覚えることができます。もちろん、資格は暗記だけでは合格できないものもあるでしょう。でも、いちばん時間がかかり、しかも無味乾燥なのが暗記という作業です。記憶術で、あなたは暗記の苦労から解放されるでしょう。

生活経験の豊かな人ほど記憶術がすぐ実用に生かせる

 年齢が高くなればなるほど、記憶術の修得は難しいのではないか?
 
 そんなご質問を時々受けます。でもご安心ください。確かに記憶術の入門時は、10代の生徒さんのほうが勘がよいので、スムーズに進む方が多いかもしれません。

 でも、実際に教室で教えた経験則からいいますと、記憶術の根幹ともいうべき「基礎結合法」という技術に関しては、10代と40~50代で逆転現象が起きます。

 基礎結合法とは4大記憶術の一つで、学校や駅、会社などの道順(風景)など、絶対に順番を忘れないもののリストに暗記項目をイメージで結びつけていく方法です。つまり、生活経験の豊かな人ほど「絶対に順番を忘れない記憶の引き出し」をたくさん持っているということです。

 各種試験対策では、基礎結合法を軸に記憶術を使うことが多くなりますから、全体としては年齢ハンデはないといえるでしょう。

記憶力だけでなく、脳全体を活性化、創造力も向上!

 「歳をとると頭が固くなる」ということは大昔から言われてきたことです。一部の長老の知恵が尊重される一方で、多くの年配者は「頑固」というイメージを持たれがちです。特に科学技術や世の移り変わりが早くなった現代では、昔、通用した知識や知恵が一部、通用しなくなったりしますからなおさらです。

 でも、本当は蓄積された知識とノウハウはまだまだ存分に生かせるはず。それができないのは、社会環境のせいとばかりはいえません。長年の豊かな経験が、脳の一部のみを肥大させ、大脳全体を有機的に使うことを阻んでしまっている面も否定できないのではないでしょうか。

 記憶術は言語や論理を司る左脳だけでなく、イメージや空間を司る右脳、さらに意欲、創造、実行にかかわる前頭葉を有機的に使って覚える技術ですから、記憶トレーニングの過程で脳全体が活性化されます。集中力や創造力も向上するでしょう。

 記憶術は記憶力そのものを伸ばすのではなく、衰えた記憶力を右脳や前頭葉の力を活用してカバーし、記憶する能力を結果として高めることです。身体にたとえれば、膝痛や五十肩になった時、関節の周辺の筋力や筋を強化して痛みを直すのと同じ原理です。記憶術がすごいのは、身体と違って若い頃の記憶力を取り戻すだけでなく、その何倍もの記憶能力をもたらすことです。

 あなたの脳が記憶術によって生まれ変わる! ちょっと大げさかもしれませんが、そんな可能性を秘めた実用的な技術だということをご理解いただければ幸いです。

 ☆記憶術の原理の解説から入門・上達講座まで
  
記憶術の方法|実際の方法をここで教えます

 【関連するページ】
 仕事や日常生活にも応用できる記憶術   脳が生まれ変わる!実用脳トレ
 記憶術に才能は不要。上達に必要な脳は?  記憶法と記憶術の違い/イメージ連結法

  トップへ  HOME