記憶術の効果と目的記憶術の種類と方法記憶術の歴史記憶の科学記憶術無料入門レッスン
脳の使い方、鍛え方      集中力勉強法     ゴロ合わせ暗記法      記憶術への疑問・質問
HOME > 誰でもできる記憶術/無料入門レッスン

誰でもできる記憶術/無料入門レッスン

 「誰でもできる記憶術入門レッスン」へようこそ! この講座は、キオテック創造学習センターが記憶術習得の決定版「高山メソッド」をもとに、無料で入門レッスンを公開するものです。入門者のメソッドは、下記のように5つのテーマで構成されていますので、順番にじっくり取り組んでください(このページの最後に、各テーマの簡単な内容も紹介しています)。 
 レッスンに入る前に、「記憶術とは何か」が知りたい方は
  こちらから→「記憶術の効果/受験、脳トレ、仕事…」

 

記憶術入門講座5つのテーマ

1.頭にイメージを描く練習
2.言葉を連想でイメージ化する方法
3.二つのイメージを連結する方法
4.イメージできない言葉のイメージ化
5.順番通り完璧に覚える基礎結合法

記憶術習得のカギは
入門時にあり

 何事を身につけるにも、「最初が肝心」とはよく言われることです。最も基本的なことが十分に身についてないまま先を急いだり、間違ったやり方や考え方で固まってしまったりすると、初歩的な段階で進歩が止まってしまうのです。

 記憶術についても同様で、スポーツや楽器演奏などのようにやっている中身が目に見えない分、自分で間違いに気がつくチャンスがありません。そこで高山メソッドでは、これまで多くの人が初歩の段階でつまずいてきた原因を分析し、そのほとんどが記憶術入門・初級段階に問題のあることをつきとめました。それは次の3点です。

1.言葉を素早くイメージ化する練習が不十分
2.基本となる2単語イメージ連結の、多彩な技法の習得が不十分
3.そのままではイメージできない単語を、頭に視覚的に描く技術(イメージ変換法)をきちんと教わっていない


 この「無料入門レッスン」では、「頭にイメージを描く練習」から、「2つのイメージを連結する方法」を経て、記憶術の中心となる技術「基礎結合法」の初歩までを、わかりやすく説明しています。

入門レッスンの内容

入門1:頭にイメージを描く練習

 記憶術は言葉を頭に視覚的にイメージとして描いて覚える方法ですが、ふだんはあまり意識して使っていない脳の機能ですから、ある程度の練習が必要です。このレッスンでは、身の回りの物や動物を素早く鮮明にイメージすることから始まって、動作や感情を表わす言葉をイメージするトレーニングまでを実践します。

入門2:言葉を連想でイメージ化する方法

 あなたは「くだもの」や「楽器」などの集合名詞をどうイメージしますか? また、「実験」「暖房」「選挙」などの抽象的な言葉を視覚的に頭に描けますか? 記憶術では、「連想によるイメージ変換」という方法を使ってしますが、方法を知っただけでは不十分で、やはりトレーニングが必要になります。10分~20分くらいの練習で記憶術のへの準備は完了です。

入門3:二つのイメージを連結する方法

 ここからが記憶術を使う初めてのレッスンです。まずは、2つの単語(物や動物など)を結び付けて覚える方法(イメージ連結法)の基本を学びます。珍しい体験や大きな事件は忘れないことや、イメージをマンガチックに連結する方法などを学び、頭の中に情景をしっかり描いて覚えるトレーニングをします。この段階を理論だけでわかったつもりになり、適切な例題で練習をしないと、あとで苦労します。

入門4:イメージできない言葉のイメージ化

 言葉をイメージ化する有力な方法の一つに、ゴロ合わせ(ダジャレ)があります。初めて聞く外国の地名や人名などや、知っていてもそのままではイメージできないカタカナ語を、関連する事柄と併せて覚える際に、ゴロ合わせによるイメージ変換を使います。これなくして、記憶術を試験対策に応用することは不可能です。
 入門編ではまず、だれでも思いつく簡単ゴロ合わせの練習をした後、単語を2つに分解してゴロ合わせをし、イメージを作る方法を学びます。

入門5:順番通り完璧に覚える基礎結合法

 記憶術の切り札ともいうべき基礎結合法の解説は、5番目となりました。基礎結合法とは、絶対に順番を忘れないリストに暗記項目を一つひとつイメージで連結していく方法です。イメージ連結の技法をある程度知った後でないと、説明してもトレーニングにならないので、この順番になりました。入門講座では、有名な「体の部分に結び付けていく方法」を教えています。 

 入門1:頭にイメージを描く練習」へ進む
  トップへ  HOME