記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
脳の使い方・鍛え方集中力勉強法難読漢字テストゴロ合わせ記憶法記憶術の効果と目的
記憶術の種類と方法記憶術の歴史記憶術入門・基礎講座イメージ結合法の技術イメージ変換法の技術基礎結合法の応用技術
記憶術HOME 使える記憶術② イメージ変換法の技術 > イメージの絞り込みと代用

イメージの絞り込みと代用

集合名詞やあいまいな言葉をイメージ化するには…

 

 これまで、イメージ連結法のさまざまな技法解説してきましたが、トレーニングとして使われた単語はすべて、そのまま頭に形が描ける具象的な言葉ばかりでした。そのほうが早く記憶術が習得できるからですが、ここからはいよいよ受験や仕事などへの応用に欠かせないイメージ変換法のトレーニングに入ります。

 具体的には、「昆虫、文房具、中華料理、熱帯地方、タレント、観光地…」などの言葉です。どのようにイメージ化するのか、見ていきましょう。

集合名詞は代表的なイメージを一つ選ぶ

 集合名詞というのは、動物、植物、乗り物…などのように、その言葉の中にさまざまなものが含まれていて、それら全体を表わす言葉のことです。たとえば、「動物」にはライオン、キリン、ネズミ、イルカ…などがおり、広い意味では鳥類、魚類、昆虫類も動物に入ります。そのままでは視覚的にイメージするのは不可能ですね。そこで動物の中から一つを選び、代表選手とするわけです。

 何を選ぶかは人によって違うでしょうが、最初にぱっと連想したものに決めるのがセオリーです。迷ってはいけません。たいていの方はどこの動物園にもいる人気者を選ぶでしょう。

 また、「楽器」ならピアノ、ギター、バイオリン、トランペットなどを真っ先に連想する人が多いでしょう。最初に浮かんだ楽器は、たぶん自分が練習したことがあるか、自分の家にある楽器でしょう。その楽器の置かれている周囲の状況まで頭に浮かんでしまう、そんな状態になれば理想です。

 頭に浮かべる際は、たとえば、ライオンを描きながら「動物」と唱え、ギターを描きながら「楽器」と唱えるのが、この方法のコツです。

 それでは例題に移りましょう。

 例題1 次の単語を代表的なものに置き換えてください。
 昆虫     アクセサリー  パン     文房具     置物       容器
 外国人    家事       演奏家   中華料理    観葉植物    大工道具

●注意点

「外国人」は欧米系の、日本人とははっきり違う派手な動作・表情の人をイメージします。
・「演奏家」は特定の楽器を演奏していることが大事ですが、「ミュージシャン」と区別するため、タキシードを着たクラシック系をイメージするとよいでしょう。
・「中華料理」はギョウザやラーメンではやや疑問。酢豚や八宝菜などの本格的なものがよいでしょう。高級中華料理店の円卓ならOK。

あいまいなものはイメージを絞り込む

 あいまいなものとは何でしょう。それこそあいまいですね。たとえば、「田舎(いなか)」という言葉をイメージしてください。すぐにぱっと田舎が頭に浮かびましたか?

 田舎には都会に対しての「田園」という意味と、東京などに出てきた人にとっての「故郷」という意味があります。いずれにしても、どこからどこまでが田舎なのかはっきりしませんし、そこは山なのか海辺なのか、はたまた田んぼの多いところなのかもわかりません。人によって「田舎の風景」は異なるのです。

 

 でも、記憶術にとっては客観的意味やイメージは関係ありません。あなたにとっての田舎の風景とはどんなものか、真っ先に浮かんだ具体的な場所があれば、それが「田舎」の代表選手なのです。

 あいまいな言葉をもう一つとり上げておきましょう。「遊園地」もいろいろありますね。一般的には「観覧車」や「ジェットコスター」をイメージする人が多いでしょうが、子供の頃に行った遊園地を連想する人もいるでしょう。頭で考える「遊園地」に比べて、心に残る体験がある「遊園地」のほうがイメージは強烈です。

 それではイメージ特定化のトレーニングです。

 例題2 次の言葉を「最も印象的な一部分」または「特定の場所」などを強調してイメージ
      してく ださい。

 漁村    商店街    街道    駅      運動場     タレント    熱帯地方
 宇宙    北国     外国    学校     関西       太平洋    公園
 動物園   会社     職場     飛行場   スーパー    観光地    祭り

 イメージは人によって千差万別ですので、「解答例」は示しませんが、単語を見て瞬時に頭に視覚的に浮かぶように、練習を繰り返してください。記憶術の上達に大きなプラスになるだけでなく、感受性や想像力を豊かにする効果も期待できます。


  次は⇒ イメージは伸縮自在、時も超える     Pageトップへ   HomePageへ