記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
効果と目的種類と方法記憶の科学記憶術入門講座記憶術初級講座
脳の使い方・鍛え方ゴロ合わせ記憶法記憶術の歴史電子版テキスト集中力勉強法

HOME記憶術への疑問・質問 > 記憶術は中学生でもできる? 50代からでも大丈夫?

記憶術は中学生でもできる? 50代からでも大丈夫?

質問1-1 中学生でも記憶術はできますか?
質問1-2 頭が固くなった50代でも記憶術が身につきますか?

 記憶術は年齢、世代に関係なくできるようになるのか、という疑問に対して、中学生と50代の方のご質問を採り上げて、高山瞭が回答しています。


中学生でも記憶術はできますか?

回答もちろん、中学生でも記憶術はできます。
中学生頃から、機械的な記憶力は小学生時代に比べてだんだん衰えてきます。その代わり、理解力や思考力が急に伸びてきて、単純記憶力の衰えをカバーしています。だから、中学生のときに記憶術を身につけるのはとてもいいタイミングなのです。

 中学生や高校生の脳は、大人の脳に比べてとても柔軟です。その面では、社会人の人たちよりも記憶術がゲーム感覚で自然に身につきやすいといえます。

私が教室で教えた、ある中学1年生の場合

 私が直接、教室で教えたある男子生徒(中学1年生)は、単語のイメージを順番にクサリのようにつなげて覚える方法(イメージ連結法)を教えたら、5単語、10単語と順調に進み、たちまち30単語をすらすらと覚えられるようになりました。ちなみに、イメージ連結法は普通、10個つなげて覚えられれば基本編は合格で、それ以上多くなると「基礎結合法」という別の記憶術を使います。

「でも、この中学生は特別優秀だったのでは…?」と考える方も少なくないでしょうね。ところがそうではないのです。私が教えたのは、学校の成績が中の上くらい、「作文がとても苦手だ」という普通の中学生です(この生徒さんには作文も同時期に指導しました)。記憶術を身につけるのに、秀才であるとか、特殊な才能があるということはまったく必要ありません。普通の中学生なら、しっかりしたテキストでマジメにやれば、必ずできるようになります。

頭が固くなった50代でも記憶術が身につきますか?

回答ご心配には及びません。50代どころか60代でもOKです。
50代といえば、記憶力の衰えを実感する年頃です。その上、仕事上でも若い人たちの新しい考え方や、パソコン関連のスキルについていけなくなり、人によっては自信喪失気味になることはよくわかります。

 でも、50代の脳はまだまだ若いのです。中高年には若い頃に培った知識やノウハウがたくさんあります。「中高年は、新しい時代や環境への適応が苦手だ」というように決め付ける風潮がありますが、脳の柔軟性には個人差があります。また、気持ちの持ち方やトレーニングなどによって、脳の柔軟性は取り戻せます。今からでも、記憶術は十分に身につけることができるでしょう。

中高年のほうが有利な面もある

 記憶術には中高年のほうが有利な面もあります。例えば、記憶術の中核となる基礎結合法は、すでに知っていることを利用して覚える技術ですから、生活経験の豊かな人ほどたくさんの項目に対応できます。また、記憶術の基本であるイメージ連想も、人生経験が豊かな人ができないはずがありません。単純な記憶力は20代から徐々に衰えますが、人間の知恵というものは衰えることがなく、一生進歩を続けます。そして、人は好奇心さえ失わなければ、年齢に関係なく新しいことにチャレンジできるのです。

記憶術への疑問・質問記憶術は中学生でもできますか? 中高年でも大丈夫?
記憶術は難しい?/再挑戦したいけど…

記憶力が良くなる? 頭が良くなる? 記憶術の効果は?
記憶術はゴロ合わせや円周率暗唱、速読術とどう違う?
記憶術の習得に必要な期間や、一日の練習時間は?
  TOP  HOME