記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
脳の使い方・鍛え方集中力勉強法難読漢字テストゴロ合わせ記憶法記憶術の効果と目的
記憶術の種類と方法記憶術の歴史記憶術入門・基礎講座イメージ結合法の技術イメージ変換法の技術基礎結合法の応用技術
記憶術HOME 使える記憶術③ 基礎結合法の応用技術 > 基礎結合法の原理と方法

基礎結合法の原理と方法

番地(アドレス)をつけて、イメージ連結する 

 

 基礎結合を何かにたとえるなら、学校などにある扉のない下駄箱のようなものです。順番に番号のついた箱の中に、持ち物(=覚えるべき項目)を入れる(=イメージ連結する)というわけです。

 すでに多くの方が、本サイト入門・基礎講座「順番通り覚える基礎結合法」をご覧になって、基礎結合法がどういうものかはご存知と思いますが、復習を兼ねて最初に概略を説明しておきます。

 基礎結合法といえば、真っ先に「自分の体の各部分に、覚えるべきことを結びつける方法」を教わることになります。先のたとえで「下駄箱」に当たるものが体の部分で、頭のてっぺんから順番に番号をつけたものを「基礎表」と呼んでいます。基礎表には「体の部分」以外にもいろいろあり、自分でもオリジナルをたくさん作ることができますが、その説明は後回しにしましょう。まずは「体の部分」を一表にまとめました。

   基礎表① 体の部分
 1   頭  6   あご  11   下腹
 2   ひたい  7   首   12   股(また)
3   眼 8   胸  13   もも
4   鼻 9   みぞおち  14   ひざ
5   口  10   へそ  15   足

 この表を使えば、単語を15個まで順番に覚えることができるわけです。たとえば、①コップ、②リモコン、③豆腐、④鉛筆…と続く品物を順番に覚える場合は、

①頭 ― コップ →頭の上でコップをたたき割った。
②ひたい ― リモコン →ひたいにリモコンがはりついて取れない。

 …というような要領で、イメージ連結していけばよいわけです。

基礎結合法でつまずかないための3つの基本

 すでにイメージ連結の練習をしている人には、基礎結合法は簡単で、10単語程度は一発で覚えられるでしょう。しかし、記憶術の入門で最初にこの方法を教わった場合、「なるほど!」と思ってやってみると、あまりうまくいかないということがあります。それは最も基本となる2項目のイメージ連結がうまくできていないからです。そこで本講座では、イメージ連結法から始めることにしたのです。

 第二の基本は、記憶術応用のために必要なイメージ変換法が、ある程度分かっていることです。これは第2章でやりましたね。以上の2点が不十分な方だと、基礎結合法のトレーニングが途中からうまくいかなくなる可能性があります。急がば回れ。本章でつまずいたら、1章または2章に戻ることをおすすめします。

 さて、第三は「基礎結合法を受験対策に利用しようとすると、たくさんの基礎表を用意しなければならない」ということです。だれでも使える共通の基礎表はできるだけ多く紹介しますが、それだけでは実用には不十分で、自分だけのオリジナル基礎表を作らなければなりません。実はその点に個人差があるのです。

 「物事を早く覚えるために記憶術を使おうというのに、わざわざ表を作らされ、それを覚えなければならない」。よく聞く愚痴(ぐち)ですが、これは誤解に基づくものです。何の練習もしないで、理屈だけでサッカーやギターがうまくなれる……なんて思う人はいません。記憶術だってトレーニングが必要なのです。

すぐ使える短い基礎表

 まずは年賀状の季節になると意識する干支(えと)です。

   基礎表② 十二支
1  子(ね)=ねずみ 5  辰(たつ)=竜 9  申(さる)=猿
2  丑(うし)=牛 6  巳(み)=へび)  10  酉(とり)=鶏
3  寅(とら)=虎 7  午(うま)=馬  11  戌(いぬ)=犬
4  卯(う)=うさぎ 8  未(ひつじ)=羊  12  亥(い)=いのしし

 次は野球の守備位置と、曜日の順番です。

   基礎表③ 野球の守備位置
1   ピッチャー 6   ショート
2   キャッチャー 7   レフト
3   ファースト 8   センター
4   セカンド 9   ライト
5   サード  10   ベンチ
 
 基礎表④ 曜日
1   日(太陽)
2   月(三日月)
3   火(たき火)
4   水(水道)
5   木(立木)
6   金(金貨)
7   土(土砂)

 十二支の基礎表は、若い世代では順番があやふやになっている人もいるでしょう。この際、番号と共にしっかり覚えておくと便利です。なにしろ、個性豊かな動物ですから、イメージ連結がしやすいのです。

 野球の守備位置は、野球やソフトボールをしたことがなく、見ることにも興味のなかった人にはピンと来ないかもしれません。個々の守備位置に記憶項目を結びつけるには、グラウンドでの空間感覚が必要ですので、わざわざ覚えて使う必要はないかもしれません。

さっそく曜日の基礎表を使って覚えてみよう

 それでは基礎結合法の実践に入ります。まずは記憶術を使わなくても簡単に覚えられそうな例題からです。食品アレルギーというものをご存知だと思います。現在、27品目もの食品がアレルギーを起こす「特定原材料」として指定されています。その中でも特にアレルギーを起こしやすい「7大アレルゲン」を、上の「曜日の基礎表」で覚える例を解説します。

 例題1 次の7大アレルゲンを基礎結合法によって覚えてください。

 ①卵  ②牛乳  ③小麦  ④そば  ⑤落花生  ⑥えび  ⑦かに

例題1 覚え方の一例

①日 ― 卵  太陽から、巨大なが落下してきた。
②月 ― 牛乳  三日月の先端に、牛乳パックがぶら下がっている。
③火 ― 小麦  たき火の火を、小麦粉をかけて消した。
④水 ― そば  水道の蛇口から、そばが流れ出てきた。
⑤木 ― 落花生  の枝という枝から、落花生が落下した。
⑥金 ― えび  (輝く大きな)金貨を、エビが尻尾ではじいた。
⑦土 ― かに  土砂の中から、大きなカニが飛び出した。

 イメージ連結で気をつけることを述べますと、まず「牛乳」は液体のままでは他と区別しづらいので「牛乳パック」とします。⑥⑦のエビとカニは、ハサミだけを強調せずシルエットを頭に描きましょう。⑤の「落花生」は、イメージできない人のために、「落下した」とダジャレの蛇足を加えました。

覚えやすい数え歌風の基礎表

 この他、苦労なくすぐに覚えられる基礎表として、数え歌風のゴロ合わせがあります。すでに入門・基礎講座の「順番通り覚える基礎結合法」で紹介しましたが、改めにここに「基礎表⑤⑥として」再掲しておきます。短い項目を抜けることなく順番に覚えるのに重宝します。

   基礎表⑤ 数字と食べ物
1   イチゴ 6   ロック(ウイスキー)
2   肉 7   七味唐辛子 
3   サンマ 8   はちみつ
4   シイタケ 9   キュウリ
5   ご飯  10   豆腐
   基礎表⑥ 数字と物語のキャラクター
1   一寸法師 6   ろくろっ首
2   人魚 7   七福神
3   三蔵法師 8   八犬伝
4   死人(ゾンビ) 9   Qちゃん(オバQ)
5   ゴジラ  10   盗賊(アリババ)
 次は⇒ 基礎表を使って覚える     Pageトップへ   HomePageへ