記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
脳の使い方・鍛え方集中力勉強法難読漢字テストゴロ合わせ記憶法記憶術の効果と目的
記憶術の種類と方法記憶術の歴史記憶術入門・基礎講座イメージ結合法の技術イメージ変換法の技術基礎結合法の応用技術
記憶術HOME 使える記憶術① イメージ連結法の技術 > 頭の中に突飛な事件を起こそう

頭の中に突飛な事件を起こそう

めったにない、特別なことは忘れない

 

 何年も前のことなのに、はっきりと覚えている。そんな印象に残る出来事はだれでもいくつかあるでしょう。大きなショックを受けたことや、逆にとてもうれしかったこと…。それらは日々の平凡な出来事にくらべて強く覚えていますね。

 古代ギリシャ、ローマの時代から、先人たちはそのことを知っていて、ものを覚えることに利用してきました。その集大成が記憶術です。

 第1章の最初は、2つの単語(イメージ)を連結して覚えるための基本となる、「頭の中に突飛な事件を起こす」ためのトレーニングをします。まずは、「2単語連結」の例をいくつか挙げて説明しましょう。

例① 電気がま ― 耳

 「電気がま」と「耳」はまったく関係がありません。記憶術ではこのような無関係なものでも、「深い関係」を持たせて覚えてしまうのです。その方法が、頭の中に突飛なイメージを描いて関連付ける方法です。さっそくやってみましょう。

 イメージ例: 電気がまに大きな耳が生えてきた。

 そんな ホラー映画のようなことは現実にはありえませんね。でも、頭の中では自由にイメージが描けます。このようにできるだけ強烈なシーンを描ければ成功です。「電気がま」と聞いたとたんに「耳」が頭に浮かぶようになります。
 もう一つ例をやってみましょう。

例② 白鳥 ― 岩

 イメージ例: 白鳥が岩を背負ってよちよち歩いている。 

 これも突飛なイメージです。普通にイメージすれば、「白鳥が岩の上に舞い降りた」とか、「岩の上をよちよち歩いている」とするのが自然です。でも、これではインパクトが弱くて、後で思い出す時に、白鳥が「どこに舞い降りたのか」(あるいは「どこで歩いているのか」)わからなくなってしまうのです。

 「でも、白鳥が岩を背負うなんて、とても思いつかない」と思った方もいらっしゃるでしょう。ご安心ください。答えは一つではないのです。上のイメージ例の他にも、次のようなイメージに近いものはみな「正解」、つまり忘れにくい結びつきです。

 ◎ 白鳥が岩を突っついて割ってしまった。
 ◎ 白鳥の長い首が岩に巻き付いている。
 ◎ 白鳥が岩の割れ目から飛び出した。

 イメージづくりのコツは、ありえないバカげたことを想像することです。次に、例題を出しますので、突飛なイメージづくりにチャレンジしてみてください。

 例題1 次の2単語を強いイメージで結び付けてください。
 ① ヨット ― 扇風機      ② だるま ― 金太郎
 ③ 運動場 ― テーブル    ④ ラクダ ― 火山
 ⑤ イルカ ― 虹(にじ)              ※解答例は下段

ちょっとひと休み

 「一生忘れられない出来事」というと、とんでもない大事件のことを考える人が多いと思います。でも、けっこうつまらないことでも何十年も覚えているものです。

 筆者の実体験ですが、中学時代のある放課後に、男子生徒の一人が珍しいヘビを捕まえてきて、理科室が大騒ぎになりました。そのヘビは何と二つの頭を持って生きていたのです。その時見た光景はいつまでも忘れられません。

 もう一つ、体験ではなく小学生向け雑誌で読んだ記事で、忘れられないことがあります。それはあるヨーロッパの町で、空から魚が降ってきたという話です。竜巻で海水と共に空に巻き上げられた魚が、遠く離れた町に降ってきたのです。この記事から勝手に情景を想像したおかげで、今でもイメージが強く残っています。

例題1のイメージ例

①ヨット ― 扇風機
 ヨットが、巨大な扇風機に衝突した。
 ヨットの上に扇風機を取り付けて走らせた。

②だるま ― 金太郎
 だるまが金太郎を蹴とばした(だるまに小さな手足をつけてもよい)。
 だるまが金太郎に頭突きを食らわせた。

③運動場 ― テーブル
 運動場をテーブルが(四足で)全力で走っている。
 運動場にテーブルが降ってきた。

④ラクダ ― 火山
 ラクダが、(噴火している)火山に飛び込んだ。
 ラクダのコブから、火山が噴火した。

⑤イルカ ― 虹(にじ)
 イルカが虹を跳び越えた。
 イルカが(空に向かって)虹を吐き出した。

 イメージづくりのコツがなんとなくわかってきたと思います。イメージ連結法を使う上で大事なことが2つあります。それは…

1.常識にとらわれず、奇想天外なイメージを頭に描く
2.言葉で唱えるのではなく、頭にその情景をしっかりと思い浮かべる


ということです。初めのうちはイメージを連結するのに時間がかかることがあるかもしれませんが、何ごとも慣れです。誰でもできるようになります。

 次に、「例題1」でイメージ連結した5つの単語が思い出せるかどうかのテストをしてみましょう。

例題1の記憶イメージ確認作業

 次の単語とイメージ連結した単語を、順番に思い出してください。

① ヨット →?  ②だるま →?  ③運動場 →?  ④ラクダ →?  ⑤イルカ →?

 思い出せない場合は、2単語の連結イメージが弱かったことになります。上に示したイメージ例を参考に、頭に視覚的に強く思い描いてください。

2項目連結の練習とテスト

 イメージ連結法の練習問題を10問用意しましたので、さっそくチャレンジしてください。左側の単語に右側の単語を結びつけて、強いイメージを作ります。イメージづくりはあれこれ迷わず、しっかりと頭に焼き付けることが大事です。
 全問のイメージ化が終わったら、右側の単語を隠して、順番にイメージを再現しながら、右側の単語を覚えているかの確認作業をします。

  ●例題2
  ① ひな飾り ………………………………………………………… トラ
 ②  ヒツジ ………………………………………………………… プール
 ③  門松 …………………………………………………………… ネズミ
 ④  にわとり …………………………………………………… かけっこ
 ⑤  馬 …………………………………………………… 七夕(たなばた)
 ⑥  こいのぼり ……………………………………………… 竜(りゅう)
 ⑦  鬼(おに) ………………………………………………………… 牛
 ⑧  イノシシ ……………………………………………… サンタクロース
 ⑨  ランドセル …………………………………………………… ウサギ
 ⑩  梅雨(つゆ) ……………………………………………………… ヘビ

 右側の単語を隠して、いくつ思い出せたでしょうか? 初めてのトライで7個以上できたら上出来です。

単語が思い出せない原因は?

 イメージ連結した思い出せなかった場合は、次のような原因が考えられます。

1.イメージが当たり前すぎて印象に残らなかった。
2.最初に思いついたイメージを、迷って変更した。
3.雑念が入って集中できなかった。


 1と2は技術的な問題ですが、何度も練習と検証を続けるうちに、解消されます。


  次は⇒ イメージは伸縮自在、時も超える     Pageトップへ   HomePageへ