記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
効果と目的種類と方法記憶の科学記憶術入門講座記憶術初級講座
脳の使い方・鍛え方ゴロ合わせ記憶法記憶術の歴史電子版テキスト集中力勉強法
HOME 記憶術の基本技術 >忘れにくいイメージ連結の練習/初級1

忘れにくいイメージ連結の練習/初級1

 
本講座は「誰でもできる記憶術/入門講座(無料)」の続編です。

 記憶術では、関連する2つの言葉を覚える場合、言葉を視覚的に頭に描き、鮮烈なイメージで連結するという方法をとります。これが威力を発揮するかしないかは、ひとえに頭の中に強いイメージが描けるかどうかにかかっています。すでに、本サイト入門講座「2つのイメージを連結する方法」で説明したように、「イメージをマンガチックに連結する」というのも、大事なコツの一つです。ここでは、2つの単語をイメージでしっかりと結びつけて覚える練習をします。

頭の中に情景をしっかり描こう

 イメージ連結法で大切なことは、言葉で考えるのではなく、実際にそうしたことが起こったと考えて、頭の中にイメージを視覚的に描くことです。例を2つほど挙げて説明しましょう。

 ミシン ― カボチャ

 (イメージの一例)
 ミシンカボチャにのしかかり、針をチクチク指している。

 イメージはこれに限りませんが、大事なことは、ミシンをまるで人間か動物のように生き生きと描くことです。初めはばかばかしいと感じるかもしれませんが、マンガのように誇張されたイメージほど、強く脳に刻み込まれるのです。

 巻尺 ― 砂漠

 巻尺砂漠の中を、どこまでもするすると伸び続けている。

 巻尺はできるだけ大きくイメージするのがコツです。そうすることによって「巻尺」といえば「砂漠」のイメージがすぐに浮かぶようになります。それでは、以上をお手本にして、次のトレーニング問題にチャレンジしてください。

イメージ連結法・2単語連結の練習問題

 次のペアの単語を、上の要領でイメージ連結し、強いストーリーを作ってください。

 ①カラス ― テレビ  ②クワガタムシ ― バス  ③のこぎり ― 自転車
 ④ラクダ ― 煙突   ⑤サボテン ― 双眼鏡   ⑥ラーメン ― トランペット

 6つのイメージ連結を終えたら、覚えているかどうかを確認してください。あらかじめ「①カラス」から「⑥ラーメン」まで左側の単語だけを紙に書いておき、順番にイメージを再現していきます。次に上の練習問題のイメージ連結の解答例を示しておきます。

(2単語イメージ連結の一例)

 ①カラステレビをおんぶしている(または、テレビを口にくわえている)
 ②(巨大な)クワガタムシバスをひっくり返した。
 ③のこぎり自転車をギコギコと切断している。
 ④ラクダ煙突のてっぺんに乗っている。
 ⑤サボテン双眼鏡をのぞいている。
 ⑥ラーメントランペットの口からずるずると出てきた。

 以上のように現実にはありえないような状況でも、マンガの世界では自由自在です。何度も練習しているうちに、突飛な発想ができるようになってくるでしょう。なお、あなたの描いたイメージが上の解答例とかなり異なっていても、それは当然です。イメージに絶対の正解はありません。あなたの描いたイメージで忘れなければ、それが正解なのです。

平凡なイメージは忘れやすい

 記憶術で気をつけなければならないのは、イメージの連結が平凡になってしまうことです。例えば、上の練習問題①②で次のような平凡なイメージを描く場合です。

 (イメージ連結の失敗例)

 ①カラステレビの上に乗っている。
 ②クワガタムシバスの窓にひっついている。

 どちらもめったにないことかもしれませんが、ありえない話ではありません。強烈なインパクトがなく、事件性がゼロです。このような平凡なイメージでは、直後は覚えていても時間とともに印象が弱まり、忘れやすいのです。記憶術では、空想の世界を自由にはばたくことが大事です。

NEXT:3~5単語イメージ連結トレーニング/初級2

  トップへ  HOME