記憶術のやり方/脳の鍛え方/勉強法
記憶術の効果と目的記憶術の種類と方法記憶術の歴史記憶の科学記憶術無料入門レッスン
 脳の使い方、鍛え方      集中力勉強法     ゴロ合わせ暗記法      記憶術への疑問・質問
HOME記憶術の種類と方法 > イメージ変換法/新用語や固有名詞も鮮明に記憶

イメージ変換法
  /新用語や固有名詞も鮮明に記憶

 前ページ「記憶法と記憶術の違い/イメージ連結法」からの続きです。イメージ連結法のほうを先にご覧になってください。

 イメージ変換法には「置換法」と「ゴロ合わせ法」「分解連結法」がありますが、ここでは後者の2つを講座風に解説していきます。

イメージ化できないものをゴロ合わせでイメージ変換する

 
 イメージ連結法は記憶術の最も基本となるものですが、単語によっては頭の中にイメージできないものもあります。たとえば、リンゴ、電車、プールなどはだれでも即座にイメージできると思いますが、カタカナの地名や人名、化学物質、抽象的な新用語などはそのままでは視覚的にイメージすることはできません。

 そこで登場するのがイメージ変換法です。どんな言葉でも視覚的に頭に描いてしまう方法で、記憶術に欠かせない重要なテクニックなのです。

 具体例で説明しましょう。まずは世界の美術史に名を残した巨匠たちの名前です。

 ・ミロ(20世紀スペインの画家)  ・ノルデ(20世紀デンマークの画家)

 ミロはご存知の方も多いと思います。ミロとノルデを初めて聞く画家だとして、どう覚えるかですが、カンのいい人はもう気がつきましたか?

 ミロはだれでも日本語の「見ろ」を連想します。ノルデはミロとノルデのイメージどうでしょうか? 関西人ならすぐわかりますね。「乗るで」しかありません。そこで二つを組み合わせます。
 たとえば「この舟に乗れるか」と挑発されて、

 「見ろ、乗るで!」

 と言っているような情景がぴったりきます。もちろん人によっては別の情景でもよいのです。

分解してイメージ連結する高度なやり方

 「前の例題はうまくでき過ぎてるよ」と言われそうですね。
 そのとおりです。ほとんどのカタカナ語が、そのまま日本語のイメージになるほど都合よくはできていません。そこで次のステップに進みます。単語を2つに分解して日本語にイメージ化したうえで、それをイメージ連結するやり方です。今度の具体例は地名の覚え方です。

 ・キリバス(南太平洋の島国)  ・ビエンチャン(ラオスの首都)

 キリバスは「キリ/バス」、ビエンチャンは「ビエン/チャン」と分解してみます。すると次のような日本語が自然に浮かんできませんか?

キリバスバス(霧の中をバスが走っている島のイメージ)

ビエンチャン鼻炎ちゃん(ラオスの内陸部から鼻をたらした子=鼻炎ちゃんが現れた)

     ◇          ◇          ◇

 いかがでしょうか? 
 記憶術って面白そう……そう思った方は、記憶術の素質がある人です。
 こんな方法で覚えられるのか、心配だなあ……そう思う方もいらっしゃるでしょう。

 でも、心配はいりません。本サイトでは無料の記憶術入講座を用意しているからです。野球を始めるにはまず、キャッチボールやバットの素振りの練習から入ります。同様に、記憶術入門講座では誰もが簡単にできるレベルから、段階的に記憶術を学んでいけますから、確実に記憶術が使えるようになるでしょう。

  トップへ  HOME